UA-145399631-2

                   

                     チャップアップ(CHAPUP)

気になりますね育毛剤の副作用

では、どんな成分が入っていると副作用の可能性があるのか?

副作用としてどのような症状が現れるのか?

まず、副作用として症状が現れる可能性がある成分として言われているのは、

①ミノキシジル配合の育毛剤

②フィナステリド配合の育毛剤

③デュタステリド配合の育毛剤

④塩化カルプロニウム配合の育毛剤

副作用というのは、効果が無くて副作用だけあるということではなく、効果の強さに副作用が比例するということのようです。

 

副作用の症状

副作用の症状として現れるのはどのような症状なのか?

一般的に、副作用というのは育毛剤に限らず市販の風邪薬でも栄養剤でも起こりえるものです。

副作用は全ての人に発生するわけではなく病院の薬も含めて、アレルギーや持病などがあったり、使い方を間違えていたり体調不良や寝不足

などだったりした時に、成分が過剰に反応した場合に起きやすいという事のようです。

症状としては、

頭皮などの皮膚トラブル・・・頭皮のかゆみ

男性機能障害や動悸・・・身体の不調

 

重い副作用は主に「薬」として服用する場合が多いです。

その理由は、内服薬は成分が血液中に入り全身にめぐる為に注意が必要です。

しかし、副作用の症状は配合している成分によっても違ってきます。

ミノキシジル成分

元々、ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われていた成分です。

その為、血管を広げて血行を良くする作用があります。

副作用としては、心機能や血圧の異常などが現れる場合があります。

日本では、ミノキシジルは外用薬のみに使用が認められているようです。

ミノキシジル配合の育毛剤として知られているのは、

・リアップシリーズ(大正製薬)、
・スカルプD メディカルミノキ5(アンファー)、
・リグロEX5(ロート製薬)

製品は、育毛効果があると言われている人気の育毛剤です。

●フィナステリド成分

フィナステリドは、クリニックで処方される内服薬に配合される成分で、市販の育毛剤には使われていません。

しかし、国内で初めて薄毛治療薬の認可がされた内服薬としての成分です。

薄毛治療としての効果はかなり高いようです。

悪玉男性ホルモンを抑制することで、薄毛の進行を食い止められるようですが、副作用として、やはりホルモンの影響に関係してくるので、

男性機能の副作用の可能性が高いようです。

この成分は、クリニックでの処方がベストです

 

●デュタステリド成分

国内で認可された、最も新しい薄毛治療薬

フィナステリドと同じく男性ホルモンの抑制ですので、、より強く身体への作用が強いそうです。

副作用の現れ方も、一番強いかもしれません

どちらにしてもクリニックでの治療に使われる場合には説明をキチンと受ける事をお勧めします。

 

塩化カルプロニウム成分

市販の育毛剤に使われている成分です。

塩化カルプロニウムは、胃腸薬にも使われている成分で、血行改善の働きがあり、尚且つ胃酸の分泌も流す働きもあるようです。

 

どのような育毛剤でも、違和感を感じた場合には即中止してください。

副作用の可能性が成分以外でも、身体の不調で合わない場合もあったりします。

副作用の心配のない育毛剤は、無添加の育毛剤となります。

効果の可能性のある複数の成分で薄毛の原因にアプローチできる育毛剤がおススメ

 

チャップアップ(CHAPUP)

 

© 2021 育毛剤でフサフサ rss