今までの育毛剤の常識を覆す「ランブット」とは

最新のヘアケアです。

日本では「ノニ」というのはエイジングケアの健康ジュースでしられていますが、

「頭にノニを塗る」のは、インドネシアで行われていたヘアケア方法です。

 

ノニには、140種類の有効成分があり、奇跡のハーブと言われているんです。

女性の毛染めの様に、お風呂でこの「ノニ」を塗って15分程放置して洗い流します。

インドネシアには薄毛の男性はあまり見られないのは、

この「ノニ」を塗る習慣と考えられます。

 

インドネシアでは、一家に一本ノニの木を植えており、これ一本で全身の美容を賄ってるんですね。

髪も美容の大事な要素です。

 

そのノニの成分でつくられた「ランブット」は、「頭皮の洗浄+栄養補給」として、

天然のオイルを加える事で、普段のシャンプーでは取れない汚れを、

天然オイルで浮かせ洗浄することで、ノニの成分も浸透させやすくしています。

 

今まで使っていた育毛剤にプラスして週2回ほど使うことで、

頭皮が変化してきたという声もあります。

 

従来の育毛剤でなかなか効果が出にくい方は、「頭皮の洗浄+栄養補給」する

ことで、変化が感じられる可能性は上がると思いますね。

 

 

インドネシア伝承スカルプケア【Rambut】(ランブット)

インドネシア伝承スカルプケア【Rambut】

© 2019 育毛剤でフサフサ rss